クリームチークの選び方と注意点について

ポイントメイクといえば、アイメイクを思い浮かべる方も多いですが、以外と顔の印象を左右するのはチークと言われています。

チークを入れる事で血色が良くなり、顔全体が元気で華やかな印象になります。
また使うカラーやチークを入れる位置によっては、大人っぽくなったり、逆に若々しく見える為、チーク1つで色々な症状を見せる事が出来るのです。

チークにはパウダー状のものと、クリーム状のものがありますが、より自然なメイクをしたいならクリームタイプがお勧めです。
クリームチークはパウダーチークとは違い、粉っぽさは一切ありません。


 

肌への密着度も高くツヤもあるので、自然な仕上がりになるのです。
クリームタイプのチークを選ぶ時は、まず色やパール感に気を付けましょう。

色の発色が良すぎてしまうと、肌につけたとき色だけが浮いて見えてしまいます。
せっかく自然に見えるクリームチークなのに、そこだけ浮いてしまう見た目になってしまうのです。

またパールやラメが強すぎるものも、ギラギラとして見えます。
クリームタイプのチークを選ぶ時は、まず手の甲などにテスターをつけて、発色やパール感などをチェックしましょう。

また滑らかで伸びがよいクリームチークなら、広げる時に皮膚を擦らないので、肌への刺激も最小限で済みます。

Filed under: 未分類 — ちーく 5:26 PM

パーティーチークの入れ方とは

結婚式や二次会、またイベントなどでパーティーに出かける機会が多い女性は、メイクもパーティー仕様にする必要があります。

特に顔の印象を大きく左右する、チークはパーティー仕様にしてみましょう。
パーティー会場の多くはオレンジ色の、照明である場合が多いです。

この色だとピンクやローズ、オレンジといったチークの色が、薄く見えてしまいます。
せっかくメイクをしていても室内の照明で、チークを塗っていないように見えてしまう為、注意しましょう。


 

パーティーチークは、まず普段つけるチークより、より濃くする事がお勧めです。
濃くチークを塗るのは抵抗を感じるかもしれませんが、普段着ではない為、濃いチークでも顔が浮いてしまう事はありません。

また、照明の明かりでキラキラと反射すると、肌が綺麗に見えるのでパール入りのチークを使うのもお勧めとなっています。
ただ、パールが大粒だと、毛穴が目立ってしまいます。

ですので、繊細で細かいパールが入ってるチークが、パーティーチークには向いています。
チークの入れ方も普段のメイクより、幅広にすると顔の印象が変わります。

ちょっとしたポイントですが、これらを行う事でパーティーでも目を引く、華やかな顔になれるでしょう。

Filed under: 未分類 — ちーく 5:25 PM

ハリ肌チークの入れ方とは

年齢とともに、お肌がたるんで、頬の位置が下がってきて老けて見えてしまいます。また、ファンデーションを付けただけでは、自然な赤みが薄らぎ、顔が平坦に見えてしまいます。元気が良くて、若々しい印象のメイクをすると、気持ちも元気になり、表情が若々しくなるので、年齢を重ねた人ほどチークは必要です。
立体感があり、たるみをカバーするハリ肌チークは、頬骨の一番高い部分に入れることが肝心です。


頬の一番高い部分には、幅があるので、気持ち上目に付けると若々しい印象が強調されます。頬の真ん中に丸く入れるチークは、若い人だとかわいらしいのですが、年齢とともに、若づくりした感じが出てくるので注意が必要です。ある程度、歳を重ねている場合は、頬の一番高い部分で、黒目の下あたりから、両耳の上端の方に向かって、少しだけ斜めに、頬を上げるように入れていきます。耳に近づくにつれ、色が薄くなるようにしてください。大きめのブラシを使うと、ライン上にチークが入ってしまうのを防ぐことができ、ふんわりとした血色の良さを印象付けることができます。立体感が出ると、顔が引き締まり、また、色をかけることによりシミやしわの印象が和らぐ効果もあるので、若々しいハリ肌になることが期待できます。

Filed under: 未分類 — ちーく 5:24 PM

血色チークの入れ方とは

チークを入れる事で、血色が良くなり顔の印象が元気・そして華やかになります。

しかし、入れ方を間違ってしまうと顔が大きく見えるなど、残念なメイクになってしまう為注意しましょう。
まず、血色を良く見せるチークをしたいなら、ピンク系のチークがお勧めです。

ピンクは自然な頬の赤みを、出しやすい色ですし肌に馴染みやすいので、メイク初心者の方も使いやすいのが魅力です。
血行を良く見せるには、淡いピンクのチークが向いています。


 

入れ方ですが、小鼻よりも少し高い位置にまず、ブラシを置きます。
そして、そのまま横方向へブラシを滑らせましょう。

この時、頬の真ん中よりも、少し外側につけると、より自然なメイクとなります。
もし、チークのカラーが付きすぎてしまったという時は、チークの上からフェイスパウダーで抑えると、濃い色を抑える事が出来ます。

血色チークは、なるべく自然につけるという事が大切です。

また、血色チークは頬だけでなく、他の部分にも塗るのがお勧めです。
チークといえば頬に塗るイメージがありますが、あごや耳たぶに薄く塗る事で、顔色をより良くみせてくれるのです。
頬に塗ったチークの残りでも、十分に色が出るので毎日のメイクに、取り入れてみましょう。

Filed under: 未分類 — ちーく 5:24 PM

小顔チークの入れ方とは

小顔チークの入れ方は、顔の形によって入れる場所に違いがあります。基本的には卵型のバランスの良い形になるようにチークを入れるのがポイントになります。
例えば丸顔の場合は顔の中心よりも外側から上に向かってさっと塗るとシャープな顔立ちに変わります。そして面長の場合はチークを横広に塗るのがポイントです。縦長の顔を強調しないように顔の中心よりもやや下側に入れることでバランスを取ります。
エラが張っていて顔が四角く見える場合はチークをビーンズのように顔の中心よりも外側に塗ると四角い顔をカバーすることが出来ます。逆に逆三角形型の顔の場合はチームを丸めに塗って柔らかい印象を与えると小顔になることが出来ます。


使用するチークは自分の肌の色によって使い分けるのがおすすめです。肌の青みが強い人はブルー系を、黄色みが強い人はイエロー系の色を選ぶと肌を美しく見せることが出来てチークが顔に馴染むため小顔効果も得られやすくなります。
自分の肌や顔の形を鏡を見ながらしっかりと確認すると良いでしょう。自分では分からないという人はビューティーカウンターなどで美容のプロに見てもらうのがオススメです。チークの入れる場所やおすすめアイテムなどを教えてくれるので小顔チークを自分のものにすることが可能です。

Filed under: 未分類 — ちーく 5:24 PM

タール色素とシミの関係について

年齢とともに肌はどんどんと老化していきます。その老化の代表例として考えられるのが、肌のシミであると言えるでしょう。ですから、多くの人達はそれを予防したり改善しようとして色々な対策を行っているのです。さて、それでは肌の老化を防ぐ上ではこのシミがなぜ発生してしまうのかをしっかりと理解しておく必要があります。そして、その発生原因として考えられているのがタール色素が大きく関係しているという点も踏まえておきましょう。


 

タール色素というのはタバコなどにも含まれている成分で、非常に茶色が際立った色素をしています。ですから、肌のくすみなどもこのタール色素によって作られていると考えても構いません。多くの人は、紫外線が肌に当たることによってメラニン色素が肌を茶色くすると考えていますが、実際のところはそれだけではないのです。そして、肌にシミができる原因が理解できれば、それを防ぐための手段を考えることも大切になってきます。その方法としては、外に出る時には日傘を使用して直射日光には当たらないこと、さらに美白クリームなどの化粧品を塗ることによって外気からのダメージをできるだけ肌に与えないことなどが考えられるでしょう。

Filed under: 未分類 — ちーく 5:23 PM

肌質でチークの質感を選ぶケース

チークは肌をきれいに見せたり、小顔に見せたり、印象を大きく変えるために重要です。ただファンデーションを塗っただけでは顔色が悪くなってしまいますので、肌の血色を良くするのにも一役買っています。肌質や顔の輪郭によって使用した方が良いチークは変わってきます。若々しくかわいらしい印象を与えるためにはパールが入ったチークが良いでしょう。


若い方に人気のチークで、顔色をぱっと明るくして華やかな印象を作り出すことができます。逆にマットな質感のチークは発色が良く、大人っぽい印象を与えます。年齢を重ねるごとに肌にはくすみが生まれてしまいます。そのくすみを隠し、肌色を明るくしてくれます。昼間のデートにはパール入りでかわいい印象を、夜のデートにはマットなチークで大人っぽいセクシーな印象をと使い分けるのもおすすめです。自分に合うチークを選ぶのはけっこう大変なので、有名店の店頭でメークをしてもらいつつ自分に合うものを選んでもらうと良いでしょう。顔の輪郭によってチークを入れる一番良い箇所は変わりますので、入れる場所も一緒に指導してもらえます。こんなに印象が変わるんだとびっくりすると思います。メイクが楽しくなるきっかけにもなるのでおすすめです。

Filed under: 未分類 — ちーく 5:23 PM

年齢でチークを選ぶケース

女性は、いくつになっても実年齢よりは若く、魅力的に見られたいという願望が強いもので、そのためには様々な努力を惜しまないものです。この不景気といわれている時代においても、唯一美容市場だけは活発で、巷には様々な美容アイテムが流通し、美容に関連する情報も溢れかえっています。それ故、一昔前に比べると、年齢よりも若く見える美魔女も多く、一般人でも非常に美意識の高い方が増えていらっしゃいます。


女性は、身だしなみとして、また自分のコンプレックスをうまくカバーするために、メイクアップを行いますが、最近は様々な肌悩みやパーツに関する悩みをカバーできるような優れたアイテムが多いので、そのようなものをうまく使えば、素人でもプロ並みの仕上がりが出せるようになってきました。メイクはやはり、その年代によって、使うカラーや使い方も違ってくるもので、そこを大きく外してしまうと、コンプレックスをカバーするどころか、逆に若作りしすぎた老けた印象を与えてしまうので、ポイントをきちんと押さえておきましょう。中でもチークは、年齢肌の悩みをうまくカバーしてくれるので、大人の女性には欠かせません。オークル系の落ち着いたカラーを笑った時に一番高くなる部分に入れると、たるみがちな頬を引き上げて見せてくれます。そしてハイライトチークを、ふっくら盛り上がらせて見せたい目の下やこめかみに入れると、目元を明るく見せてくれます。

Filed under: 未分類 — ちーく 5:23 PM

イメージでチークを選ぶケース

「メイクはするけれど、チークは選び方がよく分からない」という人もたくさんいらっしゃるでしょう。
しかし、なりたいイメージでチーク選びをすれば毎日のメイクがより楽しくなります。
種類、色味、入れる位置によって様々なイメージの自分を演出できるのがポイントです。
例えば、ふんわり可愛い赤ちゃんのような顔になりたい場合は、パウダータイプの薄いピンク色を選びましょう。


黒目下の頬骨あたりに、丸く入れるのがポイントです。
チークブラシでチークを取り、手の甲でなじませた後、頬の外側に向かってくるくると描くように広げていきます。
また、シャープで知的な印象を表現したければ、パウダータイプのベージュ系を選ぶとよいでしょう。
日本人の肌にマッチしやすく、ビジネスシーンなどでも活躍しやすい上品な使い方ができる色味です。
耳の付け根の横の位置から、頬骨が一番高くなっている位置へ向かって縦方向にチークを入れてきます。
そして、男性を魅了する妖艶でセクシーな仕上がりには、練りタイプのレッドコーラル系がおすすめです。
程よく艶感の残る、上品な血色感がセクシーさを醸し出します。
頬骨の少し外側から、目頭の下まで広範囲にのせます。
仕上がり別にチークを選び、きちんと使いこなして、なりたいイメージの自分にぐっと近づきましょう。

Filed under: 未分類 — ちーく 4:58 PM