肌質でチークの質感を選ぶケース

チークは肌をきれいに見せたり、小顔に見せたり、印象を大きく変えるために重要です。ただファンデーションを塗っただけでは顔色が悪くなってしまいますので、肌の血色を良くするのにも一役買っています。肌質や顔の輪郭によって使用した方が良いチークは変わってきます。若々しくかわいらしい印象を与えるためにはパールが入ったチークが良いでしょう。


若い方に人気のチークで、顔色をぱっと明るくして華やかな印象を作り出すことができます。逆にマットな質感のチークは発色が良く、大人っぽい印象を与えます。年齢を重ねるごとに肌にはくすみが生まれてしまいます。そのくすみを隠し、肌色を明るくしてくれます。昼間のデートにはパール入りでかわいい印象を、夜のデートにはマットなチークで大人っぽいセクシーな印象をと使い分けるのもおすすめです。自分に合うチークを選ぶのはけっこう大変なので、有名店の店頭でメークをしてもらいつつ自分に合うものを選んでもらうと良いでしょう。顔の輪郭によってチークを入れる一番良い箇所は変わりますので、入れる場所も一緒に指導してもらえます。こんなに印象が変わるんだとびっくりすると思います。メイクが楽しくなるきっかけにもなるのでおすすめです。

Filed under: 未分類 — ちーく 5:23 PM