血色チークの入れ方とは

チークを入れる事で、血色が良くなり顔の印象が元気・そして華やかになります。

しかし、入れ方を間違ってしまうと顔が大きく見えるなど、残念なメイクになってしまう為注意しましょう。
まず、血色を良く見せるチークをしたいなら、ピンク系のチークがお勧めです。

ピンクは自然な頬の赤みを、出しやすい色ですし肌に馴染みやすいので、メイク初心者の方も使いやすいのが魅力です。
血行を良く見せるには、淡いピンクのチークが向いています。


 

入れ方ですが、小鼻よりも少し高い位置にまず、ブラシを置きます。
そして、そのまま横方向へブラシを滑らせましょう。

この時、頬の真ん中よりも、少し外側につけると、より自然なメイクとなります。
もし、チークのカラーが付きすぎてしまったという時は、チークの上からフェイスパウダーで抑えると、濃い色を抑える事が出来ます。

血色チークは、なるべく自然につけるという事が大切です。

また、血色チークは頬だけでなく、他の部分にも塗るのがお勧めです。
チークといえば頬に塗るイメージがありますが、あごや耳たぶに薄く塗る事で、顔色をより良くみせてくれるのです。
頬に塗ったチークの残りでも、十分に色が出るので毎日のメイクに、取り入れてみましょう。

Filed under: 未分類 — ちーく 5:24 PM